あなたの腰痛もきっと治ります

私は高校生の時から腰痛に悩まされてきました。

今でも疲労がたまると腰痛になることがあるものの、日常生活で困ることはほとんどありません。

 

私以外にもスポーツをつづけた結果、長年腰痛に苦しんで克服した人は多くいます。

一方で、なかなか治らずに、定期的に腰痛とおつきあいする人もいます。

私の元同僚がそうです(笑)

 

彼は根っからの腰痛もちです。ほとんど一年中コルセットを腰にしています。

あるときトイレで急に腰痛になってしまい、なんと、気を失ったそうです。

あまりの激痛だったようです。

腰痛の話(この場合はぎっくり腰ですが)は、よく聞きます。

それでも気を失うというのははじめてききました。

彼は気を失ったのに、トイレからどうやって出たのでしょう?(笑)

なんと、奥さんが抱きかかえて救出したのです!( ´∀` )

 

すごいですよね。

気をうしなう彼はすごいですが、奥さんがすごいですよね。

あ、いわゆる火事場の馬鹿力というやつでしょうね。

下手をすると、彼を救出した奥さんがぎっくり腰になりそうです。

いやですね。こうはなりたくありません。

しかも、トイレでぎっくり腰なんて。

 

それだけ、腰痛は癖になって、治りにくいものなんです。

 

でも、私もそうですが、あるスポーツトレーナーの人も

長年腰痛に苦しみましたが、名医にめぐりあって腰痛を克服しています。

その人はスポーツトレーナーですから、メンタルトレーニング、メンタルヘルスといったことから、神経系、血流を改善することについて学会で発表するほど、トータル的な知識と指導経験がありながらも、自分では腰痛だけはどうすることもできず、大学病院など様々病院を回ったものの、どの病院も彼の腰痛を解決することはできませんでした。

 

そんななか彼が出会った腰痛の名医がいます。

それはこちらのサイトで紹介されています。

高校生の腰痛に関するサイトで、腰痛の基礎知識、自分でできる対処法、食事で気を付けるべきことなども掲載されていて、結構参考になりますよ。

高校生の腰痛.com

 

このスポーツトレーナーはダメもとでいったそうなのです。

それはそうですよね。いくつもの病院を渡り歩いてもだめだったのですから、なかなか「次こそは大丈夫だろう」なんて思えません。

ところが、最初の10分の治療(エクササイズ)で効果を実感し、教わったエクササイズを実践するたびによくなったそうです。

以降、このエクササイズを教え子や仲間のトレーナーに紹介しているそうです。